【木製オブジェの技術解説】

MDFと呼ばれる繊維板を、ルーター加工機で仕上がり形状にカットし、表面にUVインクジェットプリンタで直接印刷したものです。今回は21mm厚の板を使っています。

MDFは、原材料となる木材を粉状にしたものに接着剤等を添加し、熱と圧力をかけて固めた素材です。

木材をそのまま利用する場合と比べ、寸法が安定していて加工・利用しやすいため、身近なところでも家具や建材などで幅広く利用されています。

当社では、このMDFを自由な形状にルーター加工し、木材の風合いを生かしたまま直接印刷を加えたり、貼り合わせや下地塗装などを施して、インテリアやサインに用いたり、木工屋さんと協力して販売用の什器(棚)などに仕上げたりしています。

印刷技術としては、UVフラットベッドプリンタを使っています。白インクを使って、白や発色の良いカラー表現が可能です。

加工は1,600mm×3,100mmまで、印刷は2,100mm×3,100mmまで、かなりの大判サイズまで対応できます。

MDFへの印刷、対応できます。ご相談ください。

Show thread

アマビエの木製オブジェの販売を開始しました。
shop.umedasp.co.jp/items/29044

パステルカラーの海で優しく微笑むアマビエたちを、ご自身の傍らに置いて少しでも安堵 or 安息の時間をお過ごしください。

で、このアマビエですが、見せた人から欲しいという声をいただいたため、思い切って商品化しました。

お札ステッカー、丸ステッカー、アクリルキーホルダー、キラキラステッカー、アートパネル、マグネットシートがあります。BASEで販売していますので、ぜひご利用ください。
shop.umedasp.co.jp

Show thread

こちらは、ウチのアマビエです。

中の人の描き下ろし。

疫病退散を願って最初はこっそりお札を作って貼っていたのですが、社内で盛り上がったのであらためて整え直しました。『早々に人々に見せよ』とのことですので、こちらでもご紹介します!

※ この画像は個人利用の範囲で自由にお使いください

梅田スクリーン印刷株式会社

梅田スクリーン印刷株式会社の公式サーバです